秘湯への旅

 

国見温泉は山深い温泉である。ゆえに秘湯なのである。

友人が秘湯ファンであるため、時に付き合って同行することがあるが、この国見温泉はその中でも筆頭格の温泉であった。

P1080783


盛岡から国道で雫石を目指す。南部の「雫石姉っこ」と言われる美人の産地として名高い所だ。壬生義士伝では吉村貫一郎の恋女房「しづ」の故郷として描かれている。

さらにそこから駒ケ岳を目指して山道を分け入っていく。

20141023_155752


まだかまだかというほど上っていくとやっと少し開けたところに鄙びた宿が見え、一帯は硫黄のにおいが充満する。ゆえに秘湯なのである。

P1080784

そしてこの秘湯は世にも稀な緑色の湯が湧き出しているのだ

内風呂の湯も緑、外の露天の湯もまた緑、下には湯と一緒に流れてくる泥が溜まっていて、まさにかけ流し。

20141023_162147



P1080801

苦労して来た甲斐のあった温泉、国見温泉「石塚旅館」であった。

P1080790


しかし、食事はごく有り触れた旅館の食事、携帯電話はつながらず、昨今のテレビに毒された俄か温泉好きが行くところではない。何しろ秘湯なのである。